劇団くりびつてんぎょうとは…


2007年、山岡幸夫の「劇団っていいよね」という一言から、ノリと勢いで立ち上げた劇団。

やるからには上を目指して、大きくしようと日々活動する。

いきなり本公演やって大丈夫だろうか…?と、ちょっとビビって、旗揚げ前にイベント公演をしたのが最初。

それが有難いことにうまく行き、旗揚げ公演を行う。


現在は主宰の安藤清美(富良野塾出身)と、演出の水野宏太に芝居創りは一任している。

作風は「役者は汗をかけ!」という演出のもと、30オーバーの劇団員達がテクニック関係なし、エネルギー勝負の芝居に挑む!


ちなみに「くりびつてんぎょう」は、「びっくりぎょうてん」の業界用語。

まだまだ進化し続けるくりびつてんぎょうに乞うご期待!